阪神の新人ピッチャー

阪神のドラフト一位のピッチャーがヤクルト打線のことを高校野球のような
チームと言ったことがちょっとした話題になっているみたいですね。その
ピッチャーからすると一つのことを徹底的にやってくる怖い打線という表現
だったようですがヤクルト側としては高校野球と表現されたことがやはり
屈辱的だったのでしょう。インターネットのニュースの見出しも完全に
その部分は抜けていてヤクルト打線=高校野球みたいな報じ方をしてましたからね。
当然ヤクルトファンとしては聞き捨てならない発言ですね。そんなピッチャーの
初登板に見事に黒星を付けてあげられたというのが素晴らしいですね。このままの
ローテーションで進んでいくとこれから何度か対戦があるみたいなのでそこでも
プロの厳しさを教えてほしいものですね。藤浪だか立浪だか知りませんが
所詮高校球児レベルだということをしっかりと自覚するべきでしょう。
それにしても今年のヤクルトは微妙だと思いましたが今のところ結構上々の
スタートを切っていると言えますね。チーム的に好不調の波が激しすぎるので
その辺がなければクライマックスシリーズは順当に進めるでしょうね。
あれから三年ぐらい経ちましたが彼はイップスにでもなってしまったのでしょうか?
まあコントロールが悪いとプロとしては厳しいのかもしれません。
でも素材は素晴らしのでもっと筋トレをして筋肉を磨いてほしいですね。
巨人の沢村のようにコントロールなんか気にせず筋肉だけでボールを投げてほしいです。
バルクアップアーマープロの通販